クリオ 2013 エルニド 赤ワイン Y A S 得価,豊富な

4本限定! 2002年に初登場するやいなや、ロバート・パーカー氏が… 『96点!』 という高評価をし… 『びっくりする程、凄い』 『なんとしても味わわなくてはいけない』 『ワインの世界をこれまで以上に面白くする !!』 と大絶賛し、鳴り物入りで登場した スペインの大スター 《エル・ニド》! その、トップキュベである、『エル・ニド』と、セカンドワイン的な位置付けの、『クリオ』が同時入荷! 割当のため、 極少量づつの入荷 なので、無くなる前にお買い求め下さい! ■輸入元様資料より抜粋■ 淵がピンクがかったジューシーな色合い。 濃厚なブラックベリー 、バニラやチョコレートの甘い香り。 ずば抜けた 凝縮感とパワー を持ちながらも、バランスが取れている。 熟成のポテンシャルも高く、 コストパフォーマンスに優れている 。 ■ワイン名(原語)/Clio EL NIDO ■色/赤ワイン ■味わい/フルボディ ■ブドウ品種/モナストレル70%/カベルネ・ソーヴィニョン30% ■生産者名/エル・ニド ■産地/スペイン/フミージャ(フミーリャ) ■原産地呼称/DOフミージャ ■生産年/2013 ■内容量/750ml クリオ 2013 エルニド 赤ワイン Y A S 得価,豊富な

クリオ 2013 エルニド 赤ワイン Y A S お買い得,爆買い

4本限定! 2002年に初登場するやいなや、ロバート・パーカー氏が… 『96点!』 という高評価をし… 『びっくりする程、凄い』 『なんとしても味わわなくてはいけない』 『ワインの世界をこれまで以上に面白くする !!』 と大絶賛し、鳴り物入りで登場した スペインの大スター 《エル・ニド》! その、トップキュベである、『エル・ニド』と、セカンドワイン的な位置付けの、『クリオ』が同時入荷! 割当のため、 極少量づつの入荷 なので、無くなる前にお買い求め下さい! ■輸入元様資料より抜粋■ 淵がピンクがかったジューシーな色合い。 濃厚なブラックベリー 、バニラやチョコレートの甘い香り。 ずば抜けた 凝縮感とパワー を持ちながらも、バランスが取れている。 熟成のポテンシャルも高く、 コストパフォーマンスに優れている 。 ■ワイン名(原語)/Clio EL NIDO ■色/赤ワイン ■味わい/フルボディ ■ブドウ品種/モナストレル70%/カベルネ・ソーヴィニョン30% ■生産者名/エル・ニド ■産地/スペイン/フミージャ(フミーリャ) ■原産地呼称/DOフミージャ ■生産年/2013 ■内容量/750ml クリオ 2013 エルニド 赤ワイン Y A S お買い得,爆買い

ガバドシル 2013 テルモロドリゲス 赤ワイン Y P 2019,HOT

■ヴィンテージについて■ 現在ヴィンテージが 2011年から2012年に移行中 です。 どちらかのヴィンテージ でのお届けになりますが、ご注文時にヴィンテージの指定はお受け出来かねますので、ご了承の上、お買求め下さい。 『しゃぶしゃぶと一緒に』ひろゆき1048様 お正月用に購入しました すっきりした味わいで、 非常においしく いただいました。 今回、 しゃぶしゃぶ と一緒にいただきましたが、 いい組み合わせ だったと思います。 30倍の味?! 漫画『ソムリエール』に登場! 雑誌『ビジネス・ジャンプ』 (2009年9月2日号)に連載中の 漫画『ソムリエール』 は、ご覧になりましたか? 抜群のテイスティング能力と知識、ワインに対する純粋さ、深い愛情の持ち主である、主人公のソムリエール『樹カナさん』が任された ワイン・バーで 、今月黒字を出さなければ、閉店という危機が目前に…。 運命の月末、経理のスペシャリストであり、ワインに30年以上親しんで来た人物に対し、ブラインドでワインをサービスするようにと、オーナーに指示された主人公の『樹カナさん』は、1本のワインを選びます。 そのワインに、 彼は、迷い無く的確なコメントを します。 【味わいのコメント】 『シラー100%を感じさせない 繊細でエレガント な香り。 滑らかで奥行き のある味わい…これぞ、 ワインの正統 』 そして、更に、ワインの真相に迫ります。 『北ローヌにおいて最も尊敬され 『エルミタージュの魔術師』 とも呼ばれる1本 ジャン・ルイ・シャーヴのエルミタージュ 、ヴィンテージは2003年… 間違い無い 』 (漫画『ソムリエール』より) トップ・クラスのエルミタージュの生産者、ジャン・ルイ・シャーヴの2003年は 時価4万円 を下らない、名実共にエルミタージュの頂点に位置する1本。 が、実は、カナが注いだワインは、なんと、タカムラで、 1本2,200円でご紹介 している、テルモ・ロドリゲスのガバ・ド・シル2006だったのです!! その価格、ゆうに20分の1、いや、 30分の1のワインの快挙 に、『ソムリエール』を読みながら、思わず、『テルモ、すごい!』と、 ガッツポーズ(笑) スペインの土着品種、メンシアは、今、スペイン・トップの造り手も注目し、この品種を使ったワインが、ロバート・パーカー氏から『99点』を獲得するなど、注目を集める品種です。 そんなメンシアを使って、僅か2,200円で、時価4万円を下らない、ジャン・ルイ・シャーヴのエルミタージュ2003を彷彿とさせる、驚くべきワインを造ったのは、そう、今までにも、数々の眠れるスペインの 秘宝を蘇らせ て来た、テルモ・ロドリゲス氏です! このテルモ・ロドリゲス氏は、以前、タカムラを訪問してくれた事があるので、覚えているお客様も多いと思います。 そんなガバが、今ならご用意出来ます! ライバルは最高のエルミタージュ! スペインの秘宝、味わうなら今です!! 【漫画『ソムリエール』で!】 『バルデオラスは、長い間、三流のワイン産地でした。 収穫されたブドウは協同組合に『キロいくら』で安く買い上げられ日常用の安ワインになりました。 若いテルモ・ロドリゲスはバルデオラスに打ち捨てられた畑を見つけます 収量制限によってブドウを完熟させ現代的な醸造方法を用いて 驚くほど高品質な赤ワイン を生産しました 彼以外にも5年ほど前からこの地域に若いワインメーカー達が押し寄せ現代的なワインを生み出しています。 ガバ・ティントの日本での市価は1800円程度。 シャーヴのエルミタージュの20分の1以下でこの味が作れるんです 』 (『ビジネスジャンプ2009 9月2日号』掲載の漫画『ソムリエール』より抜粋) 主人公の樹カナがこう説明した、スペインの土着品種、メンシアで造る、テルモ・ロドリゲスのガバ・ド・シル2006。 『ソムリエール』のビック・ニュースを、早速ご紹介しようと準備を進めていた矢先、 あまりにも偶然に 、このワインの底力を実感する、 凄い経験 をしてしまいました。 【実話】 たまたま、お知り合いのワイン関係の方お二人と、と あるお店に 出掛けたのですが、そこのソムリエさんは、事情通には良く知られた人で、ワインの美味しさを引き出す事にかけて、ピカ一の才能をお持ちの方。 そこで、色々お話をしていると、 突然そのソムリエさん が、一杯の赤ワインをグラスに入れて、持ってきたのです。 と、同時に、テーブルに置かれたボトルは、あのガバ・ド・シル2006ではありませんか! 『飲んでみて。』 赤ワインにしては、やや小ぶりなグラスに、グラスの膨らみの部分よりやや下あたりまで注がれたそのワインを、促されるままに飲んでみると… 『うわっ、シャーヴだ!!』 そう、まさに、ガバの持つ、ジャン・ルイ・シャーヴのエルミタージュ2003年を 彷彿とさせる味わい を、ソムリエールを読んだ その日に、実体験 してしまいました! 私だけでなく、業界も長く、数々の銘ワインを知る同席のお二人も… 『おぉ、ホントだ!凄い!!』 と、 思わず大興奮! まるで、『ソムリエール』の一幕に 、自分も居たかのような経験でした…。 しかも、少しワインの量を増やしたり、グラスを変えると、その味わいはまた変化します。 この2,200円のワインの持つ味わいの懐の広さに、 改めて感服! メンシアという品種 、あまり耳慣れないかと思いますが、只今、スペインのトップの造り手が注目、テルモ・ロドリゲス氏以外にも、 アルバロ・パラシオス氏 や ラウル・ペレス氏 がメンシアのワインを手掛け、何と、そのワインの1本に、 ロバート・パーカー氏は 98点をつけた上… 『(DRCの)ラ・ターシュのグレート・ヴィンテージを思わせるアロマ』 とまで、言わせているんです! こんな、大注目の品種、メンシアを、今までも、産地、品種、ワインともに、スペインの眠れる秘宝を発掘して来たテルモ・ロドリゲス氏が手掛けたんですから、鬼に金棒(笑) その価格2,200円で、 ライバルは最高のエルミタージュ! テルモが見出したスペインの秘宝、 味わうなら今です!! ガバドシル 2013 テルモロドリゲス 赤ワイン Y P 2019,HOT

ガバドシル 2013 テルモロドリゲス 赤ワイン Y P HOT,大得価

■ヴィンテージについて■ 現在ヴィンテージが 2011年から2012年に移行中 です。 どちらかのヴィンテージ でのお届けになりますが、ご注文時にヴィンテージの指定はお受け出来かねますので、ご了承の上、お買求め下さい。 『しゃぶしゃぶと一緒に』ひろゆき1048様 お正月用に購入しました すっきりした味わいで、 非常においしく いただいました。 今回、 しゃぶしゃぶ と一緒にいただきましたが、 いい組み合わせ だったと思います。 30倍の味?! 漫画『ソムリエール』に登場! 雑誌『ビジネス・ジャンプ』 (2009年9月2日号)に連載中の 漫画『ソムリエール』 は、ご覧になりましたか? 抜群のテイスティング能力と知識、ワインに対する純粋さ、深い愛情の持ち主である、主人公のソムリエール『樹カナさん』が任された ワイン・バーで 、今月黒字を出さなければ、閉店という危機が目前に…。 運命の月末、経理のスペシャリストであり、ワインに30年以上親しんで来た人物に対し、ブラインドでワインをサービスするようにと、オーナーに指示された主人公の『樹カナさん』は、1本のワインを選びます。 そのワインに、 彼は、迷い無く的確なコメントを します。 【味わいのコメント】 『シラー100%を感じさせない 繊細でエレガント な香り。 滑らかで奥行き のある味わい…これぞ、 ワインの正統 』 そして、更に、ワインの真相に迫ります。 『北ローヌにおいて最も尊敬され 『エルミタージュの魔術師』 とも呼ばれる1本 ジャン・ルイ・シャーヴのエルミタージュ 、ヴィンテージは2003年… 間違い無い 』 (漫画『ソムリエール』より) トップ・クラスのエルミタージュの生産者、ジャン・ルイ・シャーヴの2003年は 時価4万円 を下らない、名実共にエルミタージュの頂点に位置する1本。 が、実は、カナが注いだワインは、なんと、タカムラで、 1本2,200円でご紹介 している、テルモ・ロドリゲスのガバ・ド・シル2006だったのです!! その価格、ゆうに20分の1、いや、 30分の1のワインの快挙 に、『ソムリエール』を読みながら、思わず、『テルモ、すごい!』と、 ガッツポーズ(笑) スペインの土着品種、メンシアは、今、スペイン・トップの造り手も注目し、この品種を使ったワインが、ロバート・パーカー氏から『99点』を獲得するなど、注目を集める品種です。 そんなメンシアを使って、僅か2,200円で、時価4万円を下らない、ジャン・ルイ・シャーヴのエルミタージュ2003を彷彿とさせる、驚くべきワインを造ったのは、そう、今までにも、数々の眠れるスペインの 秘宝を蘇らせ て来た、テルモ・ロドリゲス氏です! このテルモ・ロドリゲス氏は、以前、タカムラを訪問してくれた事があるので、覚えているお客様も多いと思います。 そんなガバが、今ならご用意出来ます! ライバルは最高のエルミタージュ! スペインの秘宝、味わうなら今です!! 【漫画『ソムリエール』で!】 『バルデオラスは、長い間、三流のワイン産地でした。 収穫されたブドウは協同組合に『キロいくら』で安く買い上げられ日常用の安ワインになりました。 若いテルモ・ロドリゲスはバルデオラスに打ち捨てられた畑を見つけます 収量制限によってブドウを完熟させ現代的な醸造方法を用いて 驚くほど高品質な赤ワイン を生産しました 彼以外にも5年ほど前からこの地域に若いワインメーカー達が押し寄せ現代的なワインを生み出しています。 ガバ・ティントの日本での市価は1800円程度。 シャーヴのエルミタージュの20分の1以下でこの味が作れるんです 』 (『ビジネスジャンプ2009 9月2日号』掲載の漫画『ソムリエール』より抜粋) 主人公の樹カナがこう説明した、スペインの土着品種、メンシアで造る、テルモ・ロドリゲスのガバ・ド・シル2006。 『ソムリエール』のビック・ニュースを、早速ご紹介しようと準備を進めていた矢先、 あまりにも偶然に 、このワインの底力を実感する、 凄い経験 をしてしまいました。 【実話】 たまたま、お知り合いのワイン関係の方お二人と、と あるお店に 出掛けたのですが、そこのソムリエさんは、事情通には良く知られた人で、ワインの美味しさを引き出す事にかけて、ピカ一の才能をお持ちの方。 そこで、色々お話をしていると、 突然そのソムリエさん が、一杯の赤ワインをグラスに入れて、持ってきたのです。 と、同時に、テーブルに置かれたボトルは、あのガバ・ド・シル2006ではありませんか! 『飲んでみて。』 赤ワインにしては、やや小ぶりなグラスに、グラスの膨らみの部分よりやや下あたりまで注がれたそのワインを、促されるままに飲んでみると… 『うわっ、シャーヴだ!!』 そう、まさに、ガバの持つ、ジャン・ルイ・シャーヴのエルミタージュ2003年を 彷彿とさせる味わい を、ソムリエールを読んだ その日に、実体験 してしまいました! 私だけでなく、業界も長く、数々の銘ワインを知る同席のお二人も… 『おぉ、ホントだ!凄い!!』 と、 思わず大興奮! まるで、『ソムリエール』の一幕に 、自分も居たかのような経験でした…。 しかも、少しワインの量を増やしたり、グラスを変えると、その味わいはまた変化します。 この2,200円のワインの持つ味わいの懐の広さに、 改めて感服! メンシアという品種 、あまり耳慣れないかと思いますが、只今、スペインのトップの造り手が注目、テルモ・ロドリゲス氏以外にも、 アルバロ・パラシオス氏 や ラウル・ペレス氏 がメンシアのワインを手掛け、何と、そのワインの1本に、 ロバート・パーカー氏は 98点をつけた上… 『(DRCの)ラ・ターシュのグレート・ヴィンテージを思わせるアロマ』 とまで、言わせているんです! こんな、大注目の品種、メンシアを、今までも、産地、品種、ワインともに、スペインの眠れる秘宝を発掘して来たテルモ・ロドリゲス氏が手掛けたんですから、鬼に金棒(笑) その価格2,200円で、 ライバルは最高のエルミタージュ! テルモが見出したスペインの秘宝、 味わうなら今です!! ガバドシル 2013 テルモロドリゲス 赤ワイン Y P HOT,大得価

プルノ 2012 フィンカヴィリャクレセス 赤ワイン Y A P 全国無料,爆買い

驚異的なコスパ! 驚異的なコスト・パフォーマンス を誇る、フィンカ・ヴィリャクレセスのプルノが、またまたやってくれました! なんと、2010年の94点、2011年の93点に引き続き、今回ご紹介の2012年も、 パーカーポイント93点 を獲得したのです! しかも… 『ベビー・ベガ・シシリアを想起させる。』 とまで言われています!! これだけ、毎年高評価にも関わらず、その価格、 2462円! 前にも 『嘘のようなホントの話』 と、お伝えしましたが、未だに信じられません…(汗) 驚異的なコスパ! 迷わず手に入れて下さい!! ■『ワイン・アドヴォケイト#213』より抜粋■ This blend of 90% Tempranillo and 10% Cabernet Sauvignon emerges from a vineyard situated adjacent to one of the famous vineyards utilized to produce Spain’s greatest red wine, Vega Sicilia . Made from relatively old vines, the 2012 Pruno is a sexy, opulent, voluptuously textured effort that spent 12 months in two-year-old French oak barrels. Reminiscent of a baby Vega Sicilia , it possesses a dense ruby/purple color as well as notes of high-class, unsmoked cigar tobacco, creme de cassis, licorice, graphite and spice box. Full-bodied, deep, velvety textured , lush and heady, at $20 a bottle, it is another sensational bargain from Eric Solomon. Enjoy it over the next 5-6 years. ロバート・パーカー氏評:93点 飲み頃予想:2014~2020年 ■ワイン名(原語)/Pruno 2012 Finca Villacreces ■色/赤ワイン ■味わい/フルボディ ■ブドウ品種/ティント・フィノ/カベルネ・ソーヴィニヨン ■生産者名/フィンカ・ビリャクレセス ■産地/スペイン/リベラ・デル・ドゥエロ ■原産地呼称/DOリベラ・デル・ドゥエロ ■生産年/2012 ■内容量/750ml ビリャクレス プルノ 2012 フィンカヴィリャクレセス 赤ワイン Y A P 全国無料,爆買い

ウニコ 2007 ヴェガシシリア 赤ワイン Y S 100%新品,豊富な

■『eRobertParker.com #221』より抜粋■ They have kept 2005 and 2006 for now, and they are releasing the 2007 Único from a lighter vintage that is accessible already ; they will even sell 2008 before 2005 and 2006. 2007 was a cold vintage in Ribera and it produced lighter, fresher wines (perhaps not as problematic as 2008, but there was also frost in 2007). The wine might be a tad lighter than other vintages, but it's more structured than 2008; it combines elegance and power, is nicely balanced and should be able to develop in bottle for many years, although the quick evolution of the bottle once opened made me hesitate about its drinking window. Let's hope I'm wrong. 80,000 bottles produced. ◆95点 ◆飲み頃予想:2015~2025年 ■ワイン名(原語)/Unico 2007 Vega-Sicilia ■色/赤ワイン ■味わい/ミディアムボディ ■ブドウ品種/テンプラニーリョ/カベルネ・ソーヴィニヨン ■生産者名/ヴェガ・シシリア ■産地/スペイン/リベラ・デル・ドゥエロ ■原産地呼称/DOリベラ・デル・ドゥエロ ■生産年/2007 ■内容量/750ml 0400003153213 ウニコ 2007 ヴェガシシリア 赤ワイン Y S 100%新品,豊富な

ティントペスケラクリアンサ 2012 ペスケラ 赤ワイン Y P 本物保証,セール

600ドルのペトリュスと! 先日、タカムラに… 『スペイン・ワインの革命家』 『テンプラニーリョ・マスター』 という呼び名でも知られる、あの『ペスケラ』から、オーナーの娘様が、ご来店♪ その時の様子は、コチラから♪ 以前、ロバート・パーカー氏が… 『スペインのペトリュス』 と絶賛し、リベラ・デル・デュエロのポテンシャルを、まざまざと見せ付けた、ペスケラ。 なんと… 『600ドルのペトリュスを飲むか、6ドルのペスケラを飲むか。』 という広告を出さないか?と、オファーがあったとか…(驚) とにかく、ペトリュスと比較されるほどの、 高い品質を持つペスケラ 。 一度は絶対に 、飲んでおいた方がいいです! ■ワイン名(原語)/Tinto Pesquera Crianza 2012 ■色/赤ワイン ■味わい/フルボディ ■ブドウ品種/テンプラニーリョ ■生産者名/アレハンドロ・フェルナンデス ■産地/スペイン/リベラ・デル・ドゥエロ ■原産地呼称/DOリベラ・デル・ドゥエロ ■生産年/2012 ■内容量/750ml ティントペスケラクリアンサ 2012 ペスケラ 赤ワイン Y P 本物保証,セール

ガバドシル 2013 テルモロドリゲス 赤ワイン Y P 人気定番,セール

■ヴィンテージについて■ 現在ヴィンテージが 2011年から2012年に移行中 です。 どちらかのヴィンテージ でのお届けになりますが、ご注文時にヴィンテージの指定はお受け出来かねますので、ご了承の上、お買求め下さい。 『しゃぶしゃぶと一緒に』ひろゆき1048様 お正月用に購入しました すっきりした味わいで、 非常においしく いただいました。 今回、 しゃぶしゃぶ と一緒にいただきましたが、 いい組み合わせ だったと思います。 30倍の味?! 漫画『ソムリエール』に登場! 雑誌『ビジネス・ジャンプ』 (2009年9月2日号)に連載中の 漫画『ソムリエール』 は、ご覧になりましたか? 抜群のテイスティング能力と知識、ワインに対する純粋さ、深い愛情の持ち主である、主人公のソムリエール『樹カナさん』が任された ワイン・バーで 、今月黒字を出さなければ、閉店という危機が目前に…。 運命の月末、経理のスペシャリストであり、ワインに30年以上親しんで来た人物に対し、ブラインドでワインをサービスするようにと、オーナーに指示された主人公の『樹カナさん』は、1本のワインを選びます。 そのワインに、 彼は、迷い無く的確なコメントを します。 【味わいのコメント】 『シラー100%を感じさせない 繊細でエレガント な香り。 滑らかで奥行き のある味わい…これぞ、 ワインの正統 』 そして、更に、ワインの真相に迫ります。 『北ローヌにおいて最も尊敬され 『エルミタージュの魔術師』 とも呼ばれる1本 ジャン・ルイ・シャーヴのエルミタージュ 、ヴィンテージは2003年… 間違い無い 』 (漫画『ソムリエール』より) トップ・クラスのエルミタージュの生産者、ジャン・ルイ・シャーヴの2003年は 時価4万円 を下らない、名実共にエルミタージュの頂点に位置する1本。 が、実は、カナが注いだワインは、なんと、タカムラで、 1本2,200円でご紹介 している、テルモ・ロドリゲスのガバ・ド・シル2006だったのです!! その価格、ゆうに20分の1、いや、 30分の1のワインの快挙 に、『ソムリエール』を読みながら、思わず、『テルモ、すごい!』と、 ガッツポーズ(笑) スペインの土着品種、メンシアは、今、スペイン・トップの造り手も注目し、この品種を使ったワインが、ロバート・パーカー氏から『99点』を獲得するなど、注目を集める品種です。 そんなメンシアを使って、僅か2,200円で、時価4万円を下らない、ジャン・ルイ・シャーヴのエルミタージュ2003を彷彿とさせる、驚くべきワインを造ったのは、そう、今までにも、数々の眠れるスペインの 秘宝を蘇らせ て来た、テルモ・ロドリゲス氏です! このテルモ・ロドリゲス氏は、以前、タカムラを訪問してくれた事があるので、覚えているお客様も多いと思います。 そんなガバが、今ならご用意出来ます! ライバルは最高のエルミタージュ! スペインの秘宝、味わうなら今です!! 【漫画『ソムリエール』で!】 『バルデオラスは、長い間、三流のワイン産地でした。 収穫されたブドウは協同組合に『キロいくら』で安く買い上げられ日常用の安ワインになりました。 若いテルモ・ロドリゲスはバルデオラスに打ち捨てられた畑を見つけます 収量制限によってブドウを完熟させ現代的な醸造方法を用いて 驚くほど高品質な赤ワイン を生産しました 彼以外にも5年ほど前からこの地域に若いワインメーカー達が押し寄せ現代的なワインを生み出しています。 ガバ・ティントの日本での市価は1800円程度。 シャーヴのエルミタージュの20分の1以下でこの味が作れるんです 』 (『ビジネスジャンプ2009 9月2日号』掲載の漫画『ソムリエール』より抜粋) 主人公の樹カナがこう説明した、スペインの土着品種、メンシアで造る、テルモ・ロドリゲスのガバ・ド・シル2006。 『ソムリエール』のビック・ニュースを、早速ご紹介しようと準備を進めていた矢先、 あまりにも偶然に 、このワインの底力を実感する、 凄い経験 をしてしまいました。 【実話】 たまたま、お知り合いのワイン関係の方お二人と、と あるお店に 出掛けたのですが、そこのソムリエさんは、事情通には良く知られた人で、ワインの美味しさを引き出す事にかけて、ピカ一の才能をお持ちの方。 そこで、色々お話をしていると、 突然そのソムリエさん が、一杯の赤ワインをグラスに入れて、持ってきたのです。 と、同時に、テーブルに置かれたボトルは、あのガバ・ド・シル2006ではありませんか! 『飲んでみて。』 赤ワインにしては、やや小ぶりなグラスに、グラスの膨らみの部分よりやや下あたりまで注がれたそのワインを、促されるままに飲んでみると… 『うわっ、シャーヴだ!!』 そう、まさに、ガバの持つ、ジャン・ルイ・シャーヴのエルミタージュ2003年を 彷彿とさせる味わい を、ソムリエールを読んだ その日に、実体験 してしまいました! 私だけでなく、業界も長く、数々の銘ワインを知る同席のお二人も… 『おぉ、ホントだ!凄い!!』 と、 思わず大興奮! まるで、『ソムリエール』の一幕に 、自分も居たかのような経験でした…。 しかも、少しワインの量を増やしたり、グラスを変えると、その味わいはまた変化します。 この2,200円のワインの持つ味わいの懐の広さに、 改めて感服! メンシアという品種 、あまり耳慣れないかと思いますが、只今、スペインのトップの造り手が注目、テルモ・ロドリゲス氏以外にも、 アルバロ・パラシオス氏 や ラウル・ペレス氏 がメンシアのワインを手掛け、何と、そのワインの1本に、 ロバート・パーカー氏は 98点をつけた上… 『(DRCの)ラ・ターシュのグレート・ヴィンテージを思わせるアロマ』 とまで、言わせているんです! こんな、大注目の品種、メンシアを、今までも、産地、品種、ワインともに、スペインの眠れる秘宝を発掘して来たテルモ・ロドリゲス氏が手掛けたんですから、鬼に金棒(笑) その価格2,200円で、 ライバルは最高のエルミタージュ! テルモが見出したスペインの秘宝、 味わうなら今です!! ガバドシル 2013 テルモロドリゲス 赤ワイン Y P 人気定番,セール

トレアルベニズリゼルヴァ 2001 ボデガスペナルバロペス 赤ワイン 格安,送料無料

シクロがモダン・スタイルなら、こちらは、ワイナリーの歴史を思わせる、 クラシックなスタイル で生み出されています。 2001年は、リベラ・デル・ドゥエロの優良年 ! ロバート・パーカー氏のサイトでも、2001年のリベラ・デル・ドゥエロは、『95点』をマークしています。 飲み頃 を迎えた2001年も、 是非、あわせてお試し下さい! 【ブドウ品種】テンプラニーリョ、カベルネ・ソービニヨン、メルロー ・【リゼルバ】・【レゼルバ】 トレアルベニズリゼルヴァ 2001 ボデガスペナルバロペス 赤ワイン 格安,送料無料

エルリンゼ 2008 ボデガスエルリンゼ 赤ワイン Y 2019,人気SALE

樹齢116年! 2006年設立、その年にいきなり、 パーカー・ポイント92点 を獲得し、スターダムにのし上がった、エル・リンゼ2008年を、 お買い得価格 でご用意しました!! 価格以上の上質さを堪能できること間違いなしです! 樹齢116年の深みを、 ぜひお試しください! 干したプラムやシナモン、クローヴなどのスパイス、ドライフラワーやなどの香りが、 調和を持って感じられます 。 味わいは、 熟成によるこなれた印象 に、ジューシーな酸味と程よい主張のあるタンニンが感じられ、 飲み飽きない美味しさ を生み出しています。 濃いだけの味わいではない、 エレガントなコートロティのような味わい。 その魅力をご堪能ください。 ■ワイン名(原語)/El Linze Tinto 2008 Bodegas Arúspide ■色/赤ワイン ■味わい/ミディアムボディ ■ブドウ品種/シラー/ティント・ヴェラスコ ■生産者名/ボデガス・アルスピデ ■産地/スペイン ■原産地呼称/ ■生産年/2008 ■内容量/750ml エルリンゼ 2008 ボデガスエルリンゼ 赤ワイン Y 2019,人気SALE

クリオ 2013 エルニド 赤ワイン Y A S 100%新品,SALE

4本限定! 2002年に初登場するやいなや、ロバート・パーカー氏が… 『96点!』 という高評価をし… 『びっくりする程、凄い』 『なんとしても味わわなくてはいけない』 『ワインの世界をこれまで以上に面白くする !!』 と大絶賛し、鳴り物入りで登場した スペインの大スター 《エル・ニド》! その、トップキュベである、『エル・ニド』と、セカンドワイン的な位置付けの、『クリオ』が同時入荷! 割当のため、 極少量づつの入荷 なので、無くなる前にお買い求め下さい! ■輸入元様資料より抜粋■ 淵がピンクがかったジューシーな色合い。 濃厚なブラックベリー 、バニラやチョコレートの甘い香り。 ずば抜けた 凝縮感とパワー を持ちながらも、バランスが取れている。 熟成のポテンシャルも高く、 コストパフォーマンスに優れている 。 ■ワイン名(原語)/Clio EL NIDO ■色/赤ワイン ■味わい/フルボディ ■ブドウ品種/モナストレル70%/カベルネ・ソーヴィニョン30% ■生産者名/エル・ニド ■産地/スペイン/フミージャ(フミーリャ) ■原産地呼称/DOフミージャ ■生産年/2013 ■内容量/750ml クリオ 2013 エルニド 赤ワイン Y A S 100%新品,SALE

リオハレゼルバ 2008 レメリュリ 赤ワイン 激安大特価,送料無料

『テルモの原点が、ココに!』 テルモ氏が 『いつか戻ると、ずっと思っていた。』 と、言うほど、彼の人生に欠かせない存在、 実家のワイナリー 、レメリュリ。 このワインは、リオハ・アルタと、リオハ・アラベサの、 ビオディナミの畑 のブドウを使用し、生み出されます。 なんと、テルモのお姉さんは、あの ドメーヌ・ルフレーヴ でビオディナミを学び、レメリュリに戻ってきたそうで、レメリュリの進化は、今後もますます勢いを増しそうです! テルモ氏曰く… 【テルモの思い】 『レメリュリは、地中海性気候の影響もあるけど、どちらかといえば、大西洋気候よりで、 標高が高く、気温も低め 。 だから、しっかりとタンニンを感じつつも、 エレガントで繊細さが生まれるタイプになる 。』 とのこと。 確かに、飲んで見ると、どこか、クラシックで品格のあるボルドー・ワインを思い起こさせるような、そんな味わいが魅力で、紫の果実に、土やキノコ、皮などの印象に、タンニンがしっかりと骨格を感じさせる味わいには、 品格を感じさせます 。 大きめのグラスで、その魅力を存分に味わって頂きたい、そんな美味しさです。 テルモの原点 が、ここにあり! ■ワイン名(原語)/Remelluri Reserva 2008 ■色/赤ワイン ■味わい/ミディアム~フルボディ ■ブドウ品種/テンプラニーリョ/グラシアーノ/ガルナッチャ/ヴィウラ/マルヴァジア ■生産者名/レメリュリ / Remelluri ■産地/スペイン/リオハ ■原産地呼称/DOリオハ ■生産年/2008 ■内容量/750ml リオハレゼルバ 2008 レメリュリ 赤ワイン 激安大特価,送料無料

エテルヌムヴィティ 2013 ボデガスアバニコ 赤ワイン Y S 品質保証,高品質

『また買いに来れる?』 ワイン名は 『永遠なるブドウ畑』 との意味という、この1本。 【目指したワイン】 『この地域の人々は、凝縮感が高く、強いワインを造りたがるが、自分たちは、余計な必要以上の事はせず、 エレガンスと強さを両立させるワイン を目指した。』 と、ラファエル氏。 ■エルブジのシニア・ソムリエ ダビッド・セイハス氏のコメント■ トロの強いイメージだけでなく、エレガントさを加えたワインで、フォークとナイフを使って食べる料理と合わせたくなるようなワインだと思う。 果実味は滑らかで、凝縮感もあり、 ジューシー。 タンニンはしっかりしてるけど、甘みがある。 エレガント&パワフル なワインだね。 日本で食べた中では、 照り焼き ととても良く合ったよ。 照り焼き となら、即実践出来ちゃいますね。 是非お試し下さい! セミナーにご参加頂いたお客様からも… 『これ、今後も販売してくれる?また買いに来れる?』 と、 ラブコールを頂いた美味しさです♪ 【協力ワイナリー】ボデガス・ビニャグアレーニャ 【ブドウ品種】ティンタ・デ・トロ100% 【産地】トロ 8437002948153 エテルヌムヴィティ 2013 ボデガスアバニコ 赤ワイン Y S 品質保証,高品質

セラン 2011 ボデガスオルドネス 赤ワイン Y P S 大人気,品質保証

『完璧でバランスが素晴らしい!』 ■『ワイン・アドヴォケイト203号』より抜粋■ Even more so is the 2011 Zerran, which ratchets up the level of concentration and ripe fruit . It reveals abundant kirsch, lavender, black raspberry and dusty, loamy, earthy scents intermixed with notions of spring flowers and blackberries. There is not any oak evident in this dense effort. Its completeness and overall equilibrium are impressive, and this great value should drink well for 5-6 years, possibly longer. (There is no track record for these wines in terms of aging.) Production from the Rueda vineyard (38.3 acres) owned by Jorge Ordonez was begun in 2011. This well-known white wine appellation sits on the border of the province of Segovia. The 2010 and 2011 Zerran come from a vineyard planted at 1,500-1,800 feet altitude. They are blends of Grenache, Mazuelo and Syrah whose vines were planted between 1934 and 1942. ◆ロバート・パーカー氏評:92点 ◆飲み頃予想:2012~2018年 ■ワイン名(原語)/Zerran 2011 Bodegas Ordonez ■色/赤ワイン ■味わい/フルボディ ■ブドウ品種/ガルナッチャ/カリニェーナ(マスエロ)/シラー ■生産者名/ボデガス・オルドネス ■産地/スペイン/モンサン ■原産地呼称/D.O.モンサン ■生産年/2011 ■内容量/750ml セラン 2011 ボデガスオルドネス 赤ワイン Y P S 大人気,品質保証

マカンクラシコ 2011 ベンジャミンロートシルト&ボデガスベガシシリア 赤ワイン Y S 送料無料,格安

セカンド! マカンのセカンド 、マカン・クラシコ。 オーナーのパブロ氏いわく 『試飲により、マカンになるのか、マカン・クラシコになるのかを分けている』 との事。 そうつまり、マカンになるべく生まれ、育ち、そのスタイルにより、分けられているという事。 実際、試飲したところ、マカンよりもずっと開いていて、 エレガントで品の良い果実 ときれいな輪郭があり、今でも楽しめつつ、まだ更に、 寝かせることで花開きそうな印象 です。 チェリーレッドの色合い。 ほのかな樽のニュアンスに果実の香りが 弾けるように広がる 。 口に含むと きめ細かいテクスチュア 、なめらかで優しい余韻へと心地よく響く。 そんなわけで、マカン・クラシコを先に楽しみ、マカンを寝かせておいて頂けると、このワインの魅力を丸ごと味わって頂く事が出来るかもしれません。 是非、 今のうちに手に入れて下さい!! ぺニンガイド:93点 パーカーポイント:92点 ブドウ品種:テンプラニーリョ 100% 樹齢:30年以上 発酵:30%オーク樽と70%はタンクでマロラクティック発酵。 熟成:17ヵ月フレンチオーク(新樽70%、1年使用樽30%) ■ワイン名(原語)/Macan Clásico 2011 Benjamin Rothschild & Vega Sicilia ■色/赤ワイン ■味わい/ミディアム~フルボディ ■ブドウ品種/テンプラニーリョ 100% ■生産者名/ベンジャミン・ロートシルト&ボデガス・ベガ・シシリア ■産地/スペイン/リオハ ■原産地呼称/DOCaリオハ ■生産年/2011 ■内容量/750ml マカンクラシコ 2011 ベンジャミンロートシルト&ボデガスベガシシリア 赤ワイン Y S 送料無料,格安

モスカテルスレタNVデルガドスレタ750ml 甘口シェリー S 最新作,お買い得

キンタサルドニア 2005 ピーターシセック 赤ワイン P お買い得,お得

95点獲得の逸品! プレミアムなスペイン・ワインの中でも、 別格的存在 の、ピングス。 2004年が、パーカー・ポイント 100点を獲得 し、瞬く間に市場から消えてしまいました(汗) そのピングスを手掛けた、ピーター・シセック氏が、 リベラ・デル・ドゥエロにほど近い 、サルドン・デル・ドゥエロと言う地で手掛けたのが、今回ご紹介する、キンタ・サルドニアです! 『スペインの次のカルト・ワインだと言われたりもしている。』 と紹介されています!(『ワイン・アドヴォケイト189号』より抜粋) 今回ご紹介の2005年は、 パーカー・ポイント95点を獲得! ですが、価格はピングスの 10分の1ほど なんです! 更に、飲み頃予想は、2016~2030年と、丁度味わうのに ピッタリなタイミング♪ ピングスの仕掛け人が手掛ける、 ポスト・ピングス!? しかも、飲み頃2005年です!! ■『ワイン・アドヴォケイト189号』より抜粋■ The 2005 Quinta Sardonia has a slightly roasted character, extra layers of spicy fruit, outstanding concentration, rich, succulent flavors, and lots of power . Give it 5-7 years in the cellar and drink it from 2016 to 2030. The estate’s full name is Vinas de la Vega del Duero but all you need to remember is Quinta Sardonia. Located in Sardon del Duero, just outside the Ribera del Duero demarcation line but close enough for inclusion in this report, Quinta Sardonia is a biodynamic project from Peter Sisseck (of Pingus fame) and Jerome Bougnaud. The estate has about 37 acres under vine planted in 2000. The wine is typically composed of a blend of roughly 50% Tempranillo, 30% Cabernet Sauvignon, with the balance Merlot, Syrah, Petit Verdot, Cabernet Franc, and Malbec with aging for 18 months in French oak. It is already being proclaimed by some as Spain’s next cult wine. ◆ロバート・パーカー氏評:95点 ◆飲み頃予想:2016~2030年  ■ワイン名(原語)/Quinta Sardonia 2005 Bodegas Terras Gauda ■色/赤ワイン ■味わい/ミディアム~フルボディ ■ブドウ品種/ティント・フィノ/カベルネ・ソーヴィニヨン他 ■生産者名/ボデガス・テラス・ガウダ ■産地/スペイン/カスティーリャ・イ・レオン ■原産地呼称/VTカスティーリャ・イ・レオン ■生産年/2005 ■内容量/750ml キンタサルドニア 2005 ピーターシセック 赤ワイン P お買い得,お得

マカンクラシコ 2011 ベンジャミンロートシルト&ボデガスベガシシリア 赤ワイン Y S 大人気,新作登場

セカンド! マカンのセカンド 、マカン・クラシコ。 オーナーのパブロ氏いわく 『試飲により、マカンになるのか、マカン・クラシコになるのかを分けている』 との事。 そうつまり、マカンになるべく生まれ、育ち、そのスタイルにより、分けられているという事。 実際、試飲したところ、マカンよりもずっと開いていて、 エレガントで品の良い果実 ときれいな輪郭があり、今でも楽しめつつ、まだ更に、 寝かせることで花開きそうな印象 です。 チェリーレッドの色合い。 ほのかな樽のニュアンスに果実の香りが 弾けるように広がる 。 口に含むと きめ細かいテクスチュア 、なめらかで優しい余韻へと心地よく響く。 そんなわけで、マカン・クラシコを先に楽しみ、マカンを寝かせておいて頂けると、このワインの魅力を丸ごと味わって頂く事が出来るかもしれません。 是非、 今のうちに手に入れて下さい!! ぺニンガイド:93点 パーカーポイント:92点 ブドウ品種:テンプラニーリョ 100% 樹齢:30年以上 発酵:30%オーク樽と70%はタンクでマロラクティック発酵。 熟成:17ヵ月フレンチオーク(新樽70%、1年使用樽30%) ■ワイン名(原語)/Macan Clásico 2011 Benjamin Rothschild & Vega Sicilia ■色/赤ワイン ■味わい/ミディアム~フルボディ ■ブドウ品種/テンプラニーリョ 100% ■生産者名/ベンジャミン・ロートシルト&ボデガス・ベガ・シシリア ■産地/スペイン/リオハ ■原産地呼称/DOCaリオハ ■生産年/2011 ■内容量/750ml マカンクラシコ 2011 ベンジャミンロートシルト&ボデガスベガシシリア 赤ワイン Y S 大人気,新作登場

ガバドシル 2013 テルモロドリゲス 赤ワイン Y P 得価,送料無料

■ヴィンテージについて■ 現在ヴィンテージが 2011年から2012年に移行中 です。 どちらかのヴィンテージ でのお届けになりますが、ご注文時にヴィンテージの指定はお受け出来かねますので、ご了承の上、お買求め下さい。 『しゃぶしゃぶと一緒に』ひろゆき1048様 お正月用に購入しました すっきりした味わいで、 非常においしく いただいました。 今回、 しゃぶしゃぶ と一緒にいただきましたが、 いい組み合わせ だったと思います。 30倍の味?! 漫画『ソムリエール』に登場! 雑誌『ビジネス・ジャンプ』 (2009年9月2日号)に連載中の 漫画『ソムリエール』 は、ご覧になりましたか? 抜群のテイスティング能力と知識、ワインに対する純粋さ、深い愛情の持ち主である、主人公のソムリエール『樹カナさん』が任された ワイン・バーで 、今月黒字を出さなければ、閉店という危機が目前に…。 運命の月末、経理のスペシャリストであり、ワインに30年以上親しんで来た人物に対し、ブラインドでワインをサービスするようにと、オーナーに指示された主人公の『樹カナさん』は、1本のワインを選びます。 そのワインに、 彼は、迷い無く的確なコメントを します。 【味わいのコメント】 『シラー100%を感じさせない 繊細でエレガント な香り。 滑らかで奥行き のある味わい…これぞ、 ワインの正統 』 そして、更に、ワインの真相に迫ります。 『北ローヌにおいて最も尊敬され 『エルミタージュの魔術師』 とも呼ばれる1本 ジャン・ルイ・シャーヴのエルミタージュ 、ヴィンテージは2003年… 間違い無い 』 (漫画『ソムリエール』より) トップ・クラスのエルミタージュの生産者、ジャン・ルイ・シャーヴの2003年は 時価4万円 を下らない、名実共にエルミタージュの頂点に位置する1本。 が、実は、カナが注いだワインは、なんと、タカムラで、 1本2,200円でご紹介 している、テルモ・ロドリゲスのガバ・ド・シル2006だったのです!! その価格、ゆうに20分の1、いや、 30分の1のワインの快挙 に、『ソムリエール』を読みながら、思わず、『テルモ、すごい!』と、 ガッツポーズ(笑) スペインの土着品種、メンシアは、今、スペイン・トップの造り手も注目し、この品種を使ったワインが、ロバート・パーカー氏から『99点』を獲得するなど、注目を集める品種です。 そんなメンシアを使って、僅か2,200円で、時価4万円を下らない、ジャン・ルイ・シャーヴのエルミタージュ2003を彷彿とさせる、驚くべきワインを造ったのは、そう、今までにも、数々の眠れるスペインの 秘宝を蘇らせ て来た、テルモ・ロドリゲス氏です! このテルモ・ロドリゲス氏は、以前、タカムラを訪問してくれた事があるので、覚えているお客様も多いと思います。 そんなガバが、今ならご用意出来ます! ライバルは最高のエルミタージュ! スペインの秘宝、味わうなら今です!! 【漫画『ソムリエール』で!】 『バルデオラスは、長い間、三流のワイン産地でした。 収穫されたブドウは協同組合に『キロいくら』で安く買い上げられ日常用の安ワインになりました。 若いテルモ・ロドリゲスはバルデオラスに打ち捨てられた畑を見つけます 収量制限によってブドウを完熟させ現代的な醸造方法を用いて 驚くほど高品質な赤ワイン を生産しました 彼以外にも5年ほど前からこの地域に若いワインメーカー達が押し寄せ現代的なワインを生み出しています。 ガバ・ティントの日本での市価は1800円程度。 シャーヴのエルミタージュの20分の1以下でこの味が作れるんです 』 (『ビジネスジャンプ2009 9月2日号』掲載の漫画『ソムリエール』より抜粋) 主人公の樹カナがこう説明した、スペインの土着品種、メンシアで造る、テルモ・ロドリゲスのガバ・ド・シル2006。 『ソムリエール』のビック・ニュースを、早速ご紹介しようと準備を進めていた矢先、 あまりにも偶然に 、このワインの底力を実感する、 凄い経験 をしてしまいました。 【実話】 たまたま、お知り合いのワイン関係の方お二人と、と あるお店に 出掛けたのですが、そこのソムリエさんは、事情通には良く知られた人で、ワインの美味しさを引き出す事にかけて、ピカ一の才能をお持ちの方。 そこで、色々お話をしていると、 突然そのソムリエさん が、一杯の赤ワインをグラスに入れて、持ってきたのです。 と、同時に、テーブルに置かれたボトルは、あのガバ・ド・シル2006ではありませんか! 『飲んでみて。』 赤ワインにしては、やや小ぶりなグラスに、グラスの膨らみの部分よりやや下あたりまで注がれたそのワインを、促されるままに飲んでみると… 『うわっ、シャーヴだ!!』 そう、まさに、ガバの持つ、ジャン・ルイ・シャーヴのエルミタージュ2003年を 彷彿とさせる味わい を、ソムリエールを読んだ その日に、実体験 してしまいました! 私だけでなく、業界も長く、数々の銘ワインを知る同席のお二人も… 『おぉ、ホントだ!凄い!!』 と、 思わず大興奮! まるで、『ソムリエール』の一幕に 、自分も居たかのような経験でした…。 しかも、少しワインの量を増やしたり、グラスを変えると、その味わいはまた変化します。 この2,200円のワインの持つ味わいの懐の広さに、 改めて感服! メンシアという品種 、あまり耳慣れないかと思いますが、只今、スペインのトップの造り手が注目、テルモ・ロドリゲス氏以外にも、 アルバロ・パラシオス氏 や ラウル・ペレス氏 がメンシアのワインを手掛け、何と、そのワインの1本に、 ロバート・パーカー氏は 98点をつけた上… 『(DRCの)ラ・ターシュのグレート・ヴィンテージを思わせるアロマ』 とまで、言わせているんです! こんな、大注目の品種、メンシアを、今までも、産地、品種、ワインともに、スペインの眠れる秘宝を発掘して来たテルモ・ロドリゲス氏が手掛けたんですから、鬼に金棒(笑) その価格2,200円で、 ライバルは最高のエルミタージュ! テルモが見出したスペインの秘宝、 味わうなら今です!! ガバドシル 2013 テルモロドリゲス 赤ワイン Y P 得価,送料無料

マカンクラシコ 2011 ベンジャミンロートシルト&ボデガスベガシシリア 赤ワイン Y S 限定SALE,品質保証

セカンド! マカンのセカンド 、マカン・クラシコ。 オーナーのパブロ氏いわく 『試飲により、マカンになるのか、マカン・クラシコになるのかを分けている』 との事。 そうつまり、マカンになるべく生まれ、育ち、そのスタイルにより、分けられているという事。 実際、試飲したところ、マカンよりもずっと開いていて、 エレガントで品の良い果実 ときれいな輪郭があり、今でも楽しめつつ、まだ更に、 寝かせることで花開きそうな印象 です。 チェリーレッドの色合い。 ほのかな樽のニュアンスに果実の香りが 弾けるように広がる 。 口に含むと きめ細かいテクスチュア 、なめらかで優しい余韻へと心地よく響く。 そんなわけで、マカン・クラシコを先に楽しみ、マカンを寝かせておいて頂けると、このワインの魅力を丸ごと味わって頂く事が出来るかもしれません。 是非、 今のうちに手に入れて下さい!! ぺニンガイド:93点 パーカーポイント:92点 ブドウ品種:テンプラニーリョ 100% 樹齢:30年以上 発酵:30%オーク樽と70%はタンクでマロラクティック発酵。 熟成:17ヵ月フレンチオーク(新樽70%、1年使用樽30%) ■ワイン名(原語)/Macan Clásico 2011 Benjamin Rothschild & Vega Sicilia ■色/赤ワイン ■味わい/ミディアム~フルボディ ■ブドウ品種/テンプラニーリョ 100% ■生産者名/ベンジャミン・ロートシルト&ボデガス・ベガ・シシリア ■産地/スペイン/リオハ ■原産地呼称/DOCaリオハ ■生産年/2011 ■内容量/750ml マカンクラシコ 2011 ベンジャミンロートシルト&ボデガスベガシシリア 赤ワイン Y S 限定SALE,品質保証

グランレゼルヴァエスペシャル 2005 カスティーリョイガイ 赤ワイン A P S 正規品,100%新品

05年リオハの頂点 このワイン、ラベルこそ昔を踏襲していますが、中身は 古典を現代風にアレンジ した新古典とも言える造りをしています。 イガイ・エステートの中でも 最高の単一畑にある、樹齢80年 のテンプラニーリョと、マズエロのみを使用。 熟成には225リットルの小樽が用いられ、樽内で30ヶ月(内10ヶ月は新樽にて)、瓶内で更に36ヶ月、 合計で5年半もの熟成 を経てのリリース。 テンプラニーリョにはアメリカンオークを、マズエロにはフレンチオークをそれぞれに使用しています。 昔のカスティーリョ・イガイと言えば、長期熟成による味わいが主でしたが、現代風にアレンジされた今のカスティーリョ・イガイには、エレガントさは失わず、 程よいボディーと滑らかな口当たり に、タンニンのアクセントと、絶妙なバランスがあります。 ですが、このワインの素晴らしい点は、その 酸味とアロマにあります! ブレンドされたマズエロが生み出す 生き生きとした酸味 が、長期熟成由来の香りや鮮やかなチェリーの香りと共に美しいハーモーニを奏で、 若さの中に落着きと老いを感じさせる アンビバレンツがあり、その得もいえぬ魅力が、このワインの醍醐味です。 ワインアドヴォケイトでも指摘されているように… 『最高のワインだけが持つハーモニーがこのワインにはある』 と言われるだけあり、この価格で味わえるのは嬉しい限りです。 ウニコもそうですが、特徴的な酸のおかげで、更なる熟成を経ると、その香りたるや、 熟成ワインの魅力 を余すことなく、雄弁に語りかけてくれます。 そう頻繁に飲める価格ではありませんが、クリスマスや年末などの華やかな季節や、紅葉が見事な今の時期にピッタリの、 情緒あるワイン です。 長期熟成も期待できるワインですので、是非、 今のうちに手に入れて下さい 。 ■『ワイン・アドボケイト誌210号』より抜粋■ The 2005 Castillo de Ygay Gran Reserva Especial, a classic among classics , is back in top form with the excellent 2005 vintage . It’s produced from a blend of 89% Tempranillo and 11% Mazuelo (aka Carinena), a difficult grape that is in high esteem at the winery (they exceptionally produced a varietal Mazuelo in 2000 to celebrate their 150th anniversary) as they consider it adds acidity and aging potential to the blend and has been selected specifically to make part of the flagship wine’s blend. In 2005, the Tempranillo was harvested on September 30, the Mazuelo on October 3, and fermented separately in stainless steel vats. The Tempranillo ages in American oak barrels and the Mazuelo in French ones, both for a period of 30 months. The wine matures for a further two years in bottle before being released. It’s extremely backward and tight, showing very young, with a balanced nose between spice, tertiary and cherry fruit aromas . It’s a powerful, still young vintage, with plenty of glycerin, body, round tannins. An austere wine (is it the Mazuelo?), it is complex and ever-changing in the palate. It has a sense of harmony that only the best wines have. Very long and elegant. I loved its serious and austere overall feeling. 100,000 bottles produced. This is a true vin de garde which develops complex notes of violet and meat with time in the glass. This is a Gran Reserva greatly marked by the Mazuelo, which should give it great ability to age. At this quality level it represents very good value. Drink 2014-2030. Yes, this is one of the oldest wineries in Rioja , created back in the 19th century, and they keep their traditions, but now but each wine is selected from specific plots, something that they have done since the year 2000, a year that marked a big change in the winery. I feel more balance and better integration of the oak with the wine in recent vintages. ◆パーカー・ポイント:96点 ◆飲み頃予想:2014~2030年 ■ワイン名(原語)/Castillo Ygay Gran Reserva Especial 2005 Marques de Murrieta ■色/赤ワイン ■味わい/ミディアムボディ ■ブドウ品種/テンプラニーリョ 89%/マズエロ 11% ■生産者名/マルケス・デ・ムリエタ ■産地/スペイン/リオハ ■原産地呼称/DOCaリオハ ■生産年/2005 ■内容量/750ml グランレゼルヴァエスペシャル 2005 カスティーリョイガイ 赤ワイン A P S 正規品,100%新品

エテルヌムヴィティ 2013 ボデガスアバニコ 赤ワイン Y S 限定SALE,豊富な

『また買いに来れる?』 ワイン名は 『永遠なるブドウ畑』 との意味という、この1本。 【目指したワイン】 『この地域の人々は、凝縮感が高く、強いワインを造りたがるが、自分たちは、余計な必要以上の事はせず、 エレガンスと強さを両立させるワイン を目指した。』 と、ラファエル氏。 ■エルブジのシニア・ソムリエ ダビッド・セイハス氏のコメント■ トロの強いイメージだけでなく、エレガントさを加えたワインで、フォークとナイフを使って食べる料理と合わせたくなるようなワインだと思う。 果実味は滑らかで、凝縮感もあり、 ジューシー。 タンニンはしっかりしてるけど、甘みがある。 エレガント&パワフル なワインだね。 日本で食べた中では、 照り焼き ととても良く合ったよ。 照り焼き となら、即実践出来ちゃいますね。 是非お試し下さい! セミナーにご参加頂いたお客様からも… 『これ、今後も販売してくれる?また買いに来れる?』 と、 ラブコールを頂いた美味しさです♪ 【協力ワイナリー】ボデガス・ビニャグアレーニャ 【ブドウ品種】ティンタ・デ・トロ100% 【産地】トロ 8437002948153 エテルヌムヴィティ 2013 ボデガスアバニコ 赤ワイン Y S 限定SALE,豊富な

ロマニコ 2012 テソラモンハ 赤ワイン Y A P SALE,大人気

『50ドルかそれ以上する味だ』 2011年ものが、『eRobertParker.com 2013年11月』で… 『50ドルかそれ以上する味だ』 と、絶賛された、この1本。 なんと、今回ご紹介の2012年ヴィンテージが、『ロバート・パーカー.com』で発表された、ロバート・パーカー氏お 気に入りのお値打ちワイン特集 で、上級キュベのアルミレス2012の首位に続き… 『2位タイに輝きました!』 ■『eRobertParker.com』より抜粋■ The 2012 Romanico (1,500 cases produced) is made from 100% Tinta de Toro (the local name for Tempranillo), and is aged for six months in a combination of new and used French oak. Malolactic is done in oak, and the result is full-bodied , opaque purple-colored wine with superb richness as well as lots of blackberry, charcoal and cassis intermixed with licorice, new saddle leather, pepper and bouquet garni. This nearly viscous red should drink beautifully for 7-10 years. This large estate in Toro is owned by the Eguren family, who also owns the Dominio de Eguren winery . These two value-priced cuvees, primarily fashioned from old vines planted between 1880 and 1999, are from head-pruned vines. They represent impressive quality . ◆ロバート・パーカー氏評:92点 甲乙つけがたいその実力 、味わって下さい! 【ブドウ品種】ティンタ・ デ・トロ100% ■ワイン名(原語)/Romanico 2012 Teso la Monja (Familia Eguren) ■色/赤ワイン ■味わい/ミディアム~フルボディ ■ブドウ品種/テンプラニーリョ (ティンタ・デ・トロ) 100% ■生産者名/テソ・ラ・モンハ ■産地/スペイン/トロ ■原産地呼称/DOトロ ■生産年/2012 ■内容量/750ml ロマニコ 2012 テソラモンハ 赤ワイン Y A P SALE,大人気

エテルヌムヴィティ 2013 ボデガスアバニコ 赤ワイン Y S 低価,限定SALE

『また買いに来れる?』 ワイン名は 『永遠なるブドウ畑』 との意味という、この1本。 【目指したワイン】 『この地域の人々は、凝縮感が高く、強いワインを造りたがるが、自分たちは、余計な必要以上の事はせず、 エレガンスと強さを両立させるワイン を目指した。』 と、ラファエル氏。 ■エルブジのシニア・ソムリエ ダビッド・セイハス氏のコメント■ トロの強いイメージだけでなく、エレガントさを加えたワインで、フォークとナイフを使って食べる料理と合わせたくなるようなワインだと思う。 果実味は滑らかで、凝縮感もあり、 ジューシー。 タンニンはしっかりしてるけど、甘みがある。 エレガント&パワフル なワインだね。 日本で食べた中では、 照り焼き ととても良く合ったよ。 照り焼き となら、即実践出来ちゃいますね。 是非お試し下さい! セミナーにご参加頂いたお客様からも… 『これ、今後も販売してくれる?また買いに来れる?』 と、 ラブコールを頂いた美味しさです♪ 【協力ワイナリー】ボデガス・ビニャグアレーニャ 【ブドウ品種】ティンタ・デ・トロ100% 【産地】トロ 8437002948153 エテルヌムヴィティ 2013 ボデガスアバニコ 赤ワイン Y S 低価,限定SALE

クリゼイア 2001 プラッツ&シミントン LDA 赤ワイン 新作入荷,本物保証

──────────────────────────────────           ■    素晴らしい熟成を遂げる    ■ ────────────────────────────────── 最近、高品質なドウロ産のテーブル・ワインが増えている。 このワインはブラックベリーのエッセンスにダークチェリーやスモークのニュアンスが他とは違う 個性を放つ魅力 となっている。 密度、凝縮感、そして、シッカリとした骨格がこのワインのパワーの元となっている。 ダーク・チョコレートの香りがフィニッシュを締めくくる。 まだ若さは否めないが、数年先、きっと素晴らしい熟成を遂げる事であろう。 ◆ワイン・スペクテイター誌:94点 ◆飲み頃:2004~2008年 ◆生産量:3000ケース (ワイン・スペクテイターHPより抜粋) ────────────────────────────────── 実は、あのコスで働いた経験もある、スペインの気鋭ワイン・メーカー、テルモ・ロドリゲス氏も、ポルトガルにかなり興味を持っている様子です。 未知数の可能性、最先端ポルトガルはコレッ! 信じられないカップルの誕生! ブリュノ・プラッツ氏 と言えば、 ボルドーの名門、シャトー・コス・デストゥルネル が80年代頃から再度の品質向上を果たしてきた貢献者として惜しみない愛情をこのシャトーに注いできた人物でした。 伝統を重んじ、かつ、常に先を見るその才が、コスの発展に大きく貢献した事は、誰もが認める事でしょう。 コスの監修は、息子に引き継いだものの、ブリュノ氏のワイン造りへの熱い思いは、そこで終わるようなものではありませんでした。 むしろ、コスで出来なかった事が出来るようになった今、その思いがより強くなったのかも、と思わせるワインがリリースされました! ブリュノ氏が選んだのは、伝統はあるものの、未知数の可能性を秘めた土地。 パートナーとして選んだのは、 恐らく、誰も想像する事の無かった相手 …。 それは、 ポルトガル、ダウズ、グラハム等、有名ポート・ワイン の会社として名高い、 シミントン・ファミリー 。 そして、ワインの名は、ギリシャ語で『黄金』と言う名の『クリセリア』。 2000が初ヴィンテージ。 トゥリガ・ナショナルやテンプラニーリョ、トゥリガ・フランセサ、ティンカ・カン等、ポート・ワインに使用される、ポルトガルならではのブドウ品種を巧みに使いこなし、そこに、ブリュノ氏の経験と知識が加わり生まれた、ポルトガル・ワインの新しい時代を切り開く、クリセリア。 2001年は、ワイン・スペクテイター誌で94点の高得点を獲得!!     9┃ 4┃点┃を┃獲┃得┃!┃ ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛ クリゼイア 2001 プラッツ&シミントン LDA 赤ワイン 新作入荷,本物保証

ヴォルヴェール 2012 ボデガスヴォルべ 赤ワイン Y A P お得,定番人気

パーカー氏の家飲みワイン! 2009年ヴィンテージに… ■『ロバート・パーカー・オンライン May 2011』より抜粋■ 『次に飲んだ、ラマンチャの2009ヴォルヴェールは、 間違いなく、私の家飲み用ワインとなるだろう 。 樹齢50年から造られるこのテンプラニーリョのワインが、 たった16~17ドルだとは驚きだ! 』 と、世界の美酒を、数限りなく飲んでいるロバート・パーカー氏自らがコメント、わずか2000円ほどにして、これだけの評価を受け、 世の話題をさらった 、ヴォルヴェール。 お客様からは… 『12本にしておけば良かった』(wendy1357様) 素晴らしい 非常においしいワインでした。 6本購入しましたが、12本にしておけば良かった。 スペインのワインで 今までで最高においしいと思いました 。 最近5千円、1万円のワインにがっかりしていましたが、2千円しないこのワインに 心が癒されました 。 『再購入しようとしたら』(購入者様) 美味しかった!! このワインほど コストパフォーマンスが良いものはない と思うほどでした。 再購入しようとしたら完売でした、、。 『またあるうちにリピートしたい』 購入者様 空けた時はちょっと酸味を感じましたが、 空気に触れることでとても滑らかになり美味しかった 。 またあるうちに リピートしたい です。 と、 『もっと買っておけば良かった』 と、後悔させちゃうほどの美味しさで、 大人気 となりました♪ そのヴォルヴェールの、 2012年ものが入荷しました! 実はこれ、『リアルワインガイド誌』で、2010年&2011年の 『旨安大賞』の表紙を飾ったワイン の、醸造・コンサルタントを手掛けた人物が、生み出しているのです! そう、つまり、旨安ワインのスター産地、スペインの中でも、 注目すべき存在なのです!! だからこそ、ロバート・パーカー氏が家飲みワインになるであろう事を、堂々と語るほどの美味しさなのです。 今回の2012年も、 期待大! 後悔しないよう、是非、その魅力を 味わって下さい!! ■ワイン名(原語)/Volver 2012 Bodegas Volver ■色/赤ワイン ■味わい/フルボディ ■ブドウ品種/テンプラニーリョ ■生産者名/ボデガス・ヴォルべ ■産地/スペイン/ラマンチャ ■原産地呼称/DOラマンチャ ■生産年/2012 ■内容量/750ml ヴォルヴェール 2012 ボデガスヴォルべ 赤ワイン Y A P お得,定番人気

ウルトレイアサンジャック 2012 ラウルペレス 赤ワイン S 新品,最新作

■ワイン名(原語)/Ultreia Saint Jacques 2012 Raul Perez ■色/赤ワイン ■味わい/ミディアム~フルボディ ■ブドウ品種/メンシア ■生産者名/ラウル・ペレス ■産地/スペイン/ビエルソ ■原産地呼称/DOビエルソ ■生産年/2012 ■内容量/750ml ウルトレイアサンジャック 2012 ラウルペレス 赤ワイン S 新品,最新作

マウンテンブランコ 2010 テルモロドリゲス 白ワイン Y P 定番,SALE

■ワイン名(原語)/Mountain Blanco 2010 Telmo Rodríguez ■色/白ワイン ■味わい/ ■ブドウ品種/モスカテル・デ・アレハンドリア100% ■生産者名/テルモ・ロドリゲス ■産地/スペイン/ シエラ・デ・マラガ ■原産地呼称/D.O.シエラ・デ・マラガ ■生産年/2010 ■内容量/750ml マウンテンブランコ 2010 テルモロドリゲス 白ワイン Y P 定番,SALE

ウニコ 2007 ヴェガシシリア 赤ワイン Y S 正規品,2019

■『eRobertParker.com #221』より抜粋■ They have kept 2005 and 2006 for now, and they are releasing the 2007 Único from a lighter vintage that is accessible already ; they will even sell 2008 before 2005 and 2006. 2007 was a cold vintage in Ribera and it produced lighter, fresher wines (perhaps not as problematic as 2008, but there was also frost in 2007). The wine might be a tad lighter than other vintages, but it's more structured than 2008; it combines elegance and power, is nicely balanced and should be able to develop in bottle for many years, although the quick evolution of the bottle once opened made me hesitate about its drinking window. Let's hope I'm wrong. 80,000 bottles produced. ◆95点 ◆飲み頃予想:2015~2025年 ■ワイン名(原語)/Unico 2007 Vega-Sicilia ■色/赤ワイン ■味わい/ミディアムボディ ■ブドウ品種/テンプラニーリョ/カベルネ・ソーヴィニヨン ■生産者名/ヴェガ・シシリア ■産地/スペイン/リベラ・デル・ドゥエロ ■原産地呼称/DOリベラ・デル・ドゥエロ ■生産年/2007 ■内容量/750ml 0400003153213 ウニコ 2007 ヴェガシシリア 赤ワイン Y S 正規品,2019

ピングス 2012 赤ワイン 正規品,本物保証

■『ワイン・アドヴォケイト214号』より抜粋■ I tasted the 2012 Pingus one week before bottling, so it should be pretty close to the final version as all the lots are assembled and everything is ready. But more than anything, the wine was so exciting that I could not wait until next year to let you know . The 2012 is produced with the biodynamically grown grapes from two very old Tempranillo plots (over 80 years of age), totaling 4.5 hectares in La Horra (Burgos): Barroso is located in an old Duero terrace with a gravel and sandy soil on a chalk and clay subsoil, and San Cristobal which is a clay southwest facing slope. In this vintage, 46% of the clusters fermented with the stems in small, 2,000-liter oak foudres. Malolactic fermentation was carried out in used French oak barrels and the wine was aged for 21 months in second-use French oak barriques: no new oak was used at all . 2012 is really impressive; the word that comes to mind is precision. It-s a really focused, sharp, elegant, harmonious and subtle Ribera, with a mixture of earth, fruit and spice singing in the same wave length. The palate is medium to full-bodied, with a level of precision and integration difficult to find. The tannins have an impressive silky texture, great length and persistence. I see Pingus coming to a new level with this vintage. 6,000 bottles will be filled in 2012. This is a superb vintage for Pingus, a good candidate for a perfect wine. I can only imagine how perfect these grapes were. I get butterflies in my stomach. Drink 2015-2028. I had a relaxed and superb tasting with Peter Sisseck, where we had time to discuss the wines and Ribera del Duero in general as Sisseck is now part of the Consejo Regulador. It was also a great learning experience as he showed me some experimental wines that resulted in adjustments from the 2012 vintage onward, and a big jump in precision for the wines, with the yet unbottled 2012 Pingus verging on perfection. He explained the range of wines he produces as it follows: PSI is the regional wine, Flor de Pingus is the village, and Pingus is the Cru. PSI is the newer wine in the lineup and the one that might require more explanation. In 2007, a difficult vintage in Ribera del Duero, he lost quite a lot of grapes for Flor de Pingus because of a big hailstorm, so he had to look for grapes he could purchase. He then realized how much Ribera had grown: from 6,000 hectares in 1985 to 9,000 hectares in 1990 and more than 22,000 hectares today! There is a big surplus of grapes, so the grapes from old vineyards are not valued. He decided that he wanted to support the people who were keeping their old vineyards and not ripping them up, or going to younger vines and high yields. He purchased their grapes, paid a fair price and produced PSI with them. Besides tasting extensively and slowly, I retasted 2010 Pingus and I also had the chance to preview the 2013 Pingus (clean, pure, with great acidity, but still too young) plus some experimental cuvees, some of which might see the light in the future. They have never produced better wines at Pingus. Bravo! パーカー・ポイント:(97-100)点 飲み頃予想:2015~2028年 ■ワイン名(原語)/Pingus 2012 Dominio de Pingus ■色/赤ワイン ■味わい/ミディアム~フルボディ ■ブドウ品種/テンプラニーリョ(ティント・フィノ) ■生産者名/ピングス ■産地/スペイン/リベラ・デル・デュエロ ■原産地呼称/DOリベラ・デル・デュエロ ■生産年/2012 ■内容量/750ml ピングス 2012 赤ワイン 正規品,本物保証

ガバドシル 2013 テルモロドリゲス 赤ワイン Y P 定番,大人気

■ヴィンテージについて■ 現在ヴィンテージが 2011年から2012年に移行中 です。 どちらかのヴィンテージ でのお届けになりますが、ご注文時にヴィンテージの指定はお受け出来かねますので、ご了承の上、お買求め下さい。 『しゃぶしゃぶと一緒に』ひろゆき1048様 お正月用に購入しました すっきりした味わいで、 非常においしく いただいました。 今回、 しゃぶしゃぶ と一緒にいただきましたが、 いい組み合わせ だったと思います。 30倍の味?! 漫画『ソムリエール』に登場! 雑誌『ビジネス・ジャンプ』 (2009年9月2日号)に連載中の 漫画『ソムリエール』 は、ご覧になりましたか? 抜群のテイスティング能力と知識、ワインに対する純粋さ、深い愛情の持ち主である、主人公のソムリエール『樹カナさん』が任された ワイン・バーで 、今月黒字を出さなければ、閉店という危機が目前に…。 運命の月末、経理のスペシャリストであり、ワインに30年以上親しんで来た人物に対し、ブラインドでワインをサービスするようにと、オーナーに指示された主人公の『樹カナさん』は、1本のワインを選びます。 そのワインに、 彼は、迷い無く的確なコメントを します。 【味わいのコメント】 『シラー100%を感じさせない 繊細でエレガント な香り。 滑らかで奥行き のある味わい…これぞ、 ワインの正統 』 そして、更に、ワインの真相に迫ります。 『北ローヌにおいて最も尊敬され 『エルミタージュの魔術師』 とも呼ばれる1本 ジャン・ルイ・シャーヴのエルミタージュ 、ヴィンテージは2003年… 間違い無い 』 (漫画『ソムリエール』より) トップ・クラスのエルミタージュの生産者、ジャン・ルイ・シャーヴの2003年は 時価4万円 を下らない、名実共にエルミタージュの頂点に位置する1本。 が、実は、カナが注いだワインは、なんと、タカムラで、 1本2,200円でご紹介 している、テルモ・ロドリゲスのガバ・ド・シル2006だったのです!! その価格、ゆうに20分の1、いや、 30分の1のワインの快挙 に、『ソムリエール』を読みながら、思わず、『テルモ、すごい!』と、 ガッツポーズ(笑) スペインの土着品種、メンシアは、今、スペイン・トップの造り手も注目し、この品種を使ったワインが、ロバート・パーカー氏から『99点』を獲得するなど、注目を集める品種です。 そんなメンシアを使って、僅か2,200円で、時価4万円を下らない、ジャン・ルイ・シャーヴのエルミタージュ2003を彷彿とさせる、驚くべきワインを造ったのは、そう、今までにも、数々の眠れるスペインの 秘宝を蘇らせ て来た、テルモ・ロドリゲス氏です! このテルモ・ロドリゲス氏は、以前、タカムラを訪問してくれた事があるので、覚えているお客様も多いと思います。 そんなガバが、今ならご用意出来ます! ライバルは最高のエルミタージュ! スペインの秘宝、味わうなら今です!! 【漫画『ソムリエール』で!】 『バルデオラスは、長い間、三流のワイン産地でした。 収穫されたブドウは協同組合に『キロいくら』で安く買い上げられ日常用の安ワインになりました。 若いテルモ・ロドリゲスはバルデオラスに打ち捨てられた畑を見つけます 収量制限によってブドウを完熟させ現代的な醸造方法を用いて 驚くほど高品質な赤ワイン を生産しました 彼以外にも5年ほど前からこの地域に若いワインメーカー達が押し寄せ現代的なワインを生み出しています。 ガバ・ティントの日本での市価は1800円程度。 シャーヴのエルミタージュの20分の1以下でこの味が作れるんです 』 (『ビジネスジャンプ2009 9月2日号』掲載の漫画『ソムリエール』より抜粋) 主人公の樹カナがこう説明した、スペインの土着品種、メンシアで造る、テルモ・ロドリゲスのガバ・ド・シル2006。 『ソムリエール』のビック・ニュースを、早速ご紹介しようと準備を進めていた矢先、 あまりにも偶然に 、このワインの底力を実感する、 凄い経験 をしてしまいました。 【実話】 たまたま、お知り合いのワイン関係の方お二人と、と あるお店に 出掛けたのですが、そこのソムリエさんは、事情通には良く知られた人で、ワインの美味しさを引き出す事にかけて、ピカ一の才能をお持ちの方。 そこで、色々お話をしていると、 突然そのソムリエさん が、一杯の赤ワインをグラスに入れて、持ってきたのです。 と、同時に、テーブルに置かれたボトルは、あのガバ・ド・シル2006ではありませんか! 『飲んでみて。』 赤ワインにしては、やや小ぶりなグラスに、グラスの膨らみの部分よりやや下あたりまで注がれたそのワインを、促されるままに飲んでみると… 『うわっ、シャーヴだ!!』 そう、まさに、ガバの持つ、ジャン・ルイ・シャーヴのエルミタージュ2003年を 彷彿とさせる味わい を、ソムリエールを読んだ その日に、実体験 してしまいました! 私だけでなく、業界も長く、数々の銘ワインを知る同席のお二人も… 『おぉ、ホントだ!凄い!!』 と、 思わず大興奮! まるで、『ソムリエール』の一幕に 、自分も居たかのような経験でした…。 しかも、少しワインの量を増やしたり、グラスを変えると、その味わいはまた変化します。 この2,200円のワインの持つ味わいの懐の広さに、 改めて感服! メンシアという品種 、あまり耳慣れないかと思いますが、只今、スペインのトップの造り手が注目、テルモ・ロドリゲス氏以外にも、 アルバロ・パラシオス氏 や ラウル・ペレス氏 がメンシアのワインを手掛け、何と、そのワインの1本に、 ロバート・パーカー氏は 98点をつけた上… 『(DRCの)ラ・ターシュのグレート・ヴィンテージを思わせるアロマ』 とまで、言わせているんです! こんな、大注目の品種、メンシアを、今までも、産地、品種、ワインともに、スペインの眠れる秘宝を発掘して来たテルモ・ロドリゲス氏が手掛けたんですから、鬼に金棒(笑) その価格2,200円で、 ライバルは最高のエルミタージュ! テルモが見出したスペインの秘宝、 味わうなら今です!! ガバドシル 2013 テルモロドリゲス 赤ワイン Y P 定番,大人気

マウンテンブランコ 2010 テルモロドリゲス 白ワイン Y P 新作入荷,高品質

■ワイン名(原語)/Mountain Blanco 2010 Telmo Rodríguez ■色/白ワイン ■味わい/ ■ブドウ品種/モスカテル・デ・アレハンドリア100% ■生産者名/テルモ・ロドリゲス ■産地/スペイン/ シエラ・デ・マラガ ■原産地呼称/D.O.シエラ・デ・マラガ ■生産年/2010 ■内容量/750ml マウンテンブランコ 2010 テルモロドリゲス 白ワイン Y P 新作入荷,高品質